WORKSHOP





"Canti italiano?" - Do you sing Italian? is a course designed for foreign classical singers to improve their skills in sung Italian text. The course includes working on Italian phonetics and diction, on musical style and performance traditions. The aim of the course is to help singers to understand better the poetry and meaning of libretto text and to improve their vocal performance and expressivity.

Course repertoire: recitatives, arias and scenes from Italian operas.





NEXT WORKSHOPS: 



17.10.2019  AndVision International Music School (AIMS), Tokyo 


For more information: toomas.kaldaru@operacoach.it

州立ラティーナ音楽院専属ピアニスト&エストニア音楽院客員教授による特別ピアノ伴奏&声楽公開レッスン/2019年10月17日(木)東京で開講

プロのオペラ歌手として数々のステージ経験を持ち、ピアノ伴奏者としても活躍する教授。

プロのオペラ歌手であり、ピアノ伴奏者としても活躍するトーマス・カルダル教授。エストニア生まれの彼は、ピアノと声楽を母国で学んだ後、イタリアのローマ・サンタ・チェチーリア音楽院に留学、ボーカルテクニックを習得しました。世界各国のマスタークラスに参加し、豊かな経験を活かしたレッスンを提供します。プロのテノール歌手としてのキャリアも長く、「椿姫」のアルフレード役、「魔笛」のタミーノ役、「エフゲニー・オネーギン」でのレンスキー役、「チェネレントラ」のラミーロ役など、数々のステージでの熱演。一方で、後進の指導にも熱心で、オペラ、ミュージカルのボーカルコーチとして、数多くの国際的なマスタークラスで、講師として活躍しています。生徒のニーズに合わせた指導に定評があり、オーディションやコンクール対策など、ひとりひとりにマッチしたレッスンを展開します。集中的なレッスンで、レパートリーをさらに深めたい、役作りの新境地を開きたいという方にオススメです。

With some participants during the workshop "Canti italiano?" in Tallinn (Estonia)
With some participants during the workshop "Canti italiano?" in Tallinn (Estonia)